事業概要 「OAF.JP」 「瞬間ハッピー」  
 
 






 
 
「OAF.JP」サービスサイト
へは、こちらからどうぞ!
 
御社のブランドセキュリティ、一緒に考えてみませんか?
 
偽造品、模倣品、商標侵害、特許侵害、技術漏洩、不正流通品、、、今、あなたの会社や商品のブランドは、ありとあらゆる方面から危険にさらされています!

一生懸命モノ作りに励んできたあなたの企業は、その高い品質が世界中に知れ渡り、素晴らしい「ブランド」となりました。これは、日本企業全体が世界中から持たれているイメージでもあり、「MADE IN JAPAN」は高品質の象徴として、世界中から幅広い信頼を受けています。日本企業は、国内のみならず海外に進出し、世界中の工場で生産した商品を、世界中に販売しています。

しかし、その一方で、そういった「ブランド」を悪用されてしまうことも少なくありません。偽造品や模倣品を作られて市場に流す、似たような商品名をつけて商標権を侵害する、自社固有の特許や技術を盗まれて類似品を販売する、現地の工場で不正に作った製品や盗んだ商品を横流しする、海外に進出した結果、逆にこういった被害を被るケースも増えています。

これらは、直接的な販売機会の損失にとどまらず、企業に多くの被害を与えることもあります。質の悪い偽造品や模倣品が流通することで、商品や企業への消費者からの信頼感を失うこともあります。偽造品を使用した消費者からクレームを受けるたり、訴訟を起こされてしまうケースも多々見受けられています。さらに、悪質な業者は、日本製というブランドを利用して流通網を押さえる用とすることもあり、一通り偽造品・模倣品で流通網を押さえた後は、彼らの自社製品をそのネットワークに流し、日本企業・製品が後から入ってこられないような強固な仕組みを作り上げてしまいます。その被害は一国に留まらず、輸出され更なる被害を生み出すこともあります。

さぁ、こういった被害を、そのまま放置しておくのですか?何よりも大事な自社の「ブランド」が侵害されているのを、黙ってみているのですか?各国の取締りに期待するだけですか?

欧米の企業は、こういったリスク管理にはとても神経を使っています。自社の「ブランド」を侵害する者に対して牙を剥くと同時に、ブランドを侵害されないような自衛策を打つことで、ブランドという価値を守っています。

今や、商品やサービスを作るだけでは、業績を上げることは出来ません。その商品やサービスのブランドイメージを作ること、ブランディングは欠かせないステップとなりました。しかし、世界を相手に商売するには、自社のブランドを作りはぐくむだけでなく、それを守る努力も必要な時代です。

ブランドセキュリティ、一緒に考えてみませんか? 私たちは、日本製品のブランドセキュリティを守るソリューションをご提供しています。

スタートメディアジャパン株式会社
TEL:03-5423-6616 FAX:03-5423-6617 E-mail:info@startmedia.co.jp
Copyright © 2004-2016 START MEDIA JAPAN Co.,Ltd. All rights reserved.